こけむしのいおり

日の出と共に起き、晴耕雨読のつつましいくらし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

綿の種とり機

おととしの11月、クラフトフェアでのこと。

茶色い綿の種を売っているブースがあった。
店主に話を聞くと、どうもこの土地の綿花の種とのこと。

買って、翌年5月に種をまき、もぐらに食べられたりしたものの2株育ち、10月収穫。

11月のクラフトフェアでまた店主に会ってこの先糸にするにはどうするかをきいたら
まずは種をとって乾燥させたらとのこと。
どこかのイベントで講習会を開く予定だからそのときにと適当な返答をいただいた。

さっそく種をとってみるとこれが大変!
親指の先が乾燥して割れてくる始末。

全部はとりきれないまま、また種まきの時期をむかえたので
とりあえず種と綿を分けた分の種をまいてみた。

去年の反省を踏まえ、もぐらに食べられてもいいようにあえて間引きはせず、
草むしりもほとんどしないで(これは時間的に余裕がなかった。)育てたら
今年はもぐらがいなかったようで、ほとんどが無事に成長。
でもみな細身。

結果去年と同じくらいに収穫できた。

そしてぼちぼち暇を見つけては、手で種取をしていた。

今日たまたま出かけた先で、種取用の古民具を見せてもらい感動!!
続きを読む
スポンサーサイト
綿しごと | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。