こけむしのいおり

日の出と共に起き、晴耕雨読のつつましいくらし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

危険なハチ用トラップ

我が家の庭木にスズメバチを発見してから、設置した「危険なハチ用トラップ」。
容器に液体(ハチにとって魅力的な、よい香りのする黄色いもの)を入れ、ハチの入り口つきの蓋をはめて手の届く木の枝にぶらさげるというもの。
香りを求めてフラフラ飛来するハチをとじこめ、おぼれさせて捕獲する。
1ヶ月は効果が持続するそうだ。

そして3週間・・・いやあ採れること採れること。
液体のカップがとらわれたハチでまっくろになり、おぼれる余地がまったくなくなった。
※とれたハチの種類(憶測だが)
 スズメバチ
 オオスズメバチ(とても大きかった!)
 キイロスズメバチ
 アシナガバチ
 ジャノメチョウ(危険なハチじゃないのにかわいそうに)

そして今朝がた二代目トラップを設置。まだきれいなままである。

スポンサーサイト
日々是好日 | コメント:4 | トラックバック:0 |

雨樋をとりかえる

3週間前ほどのこと。
しらない人がうちを訪ねてきた。
開口一番「板金屋なんだけど、この雨樋だめだね。」
言葉で地元の人だとすぐわかり、風貌はいかにも実直そうな職人さん。
だが、万が一もあるので、「主人に聞かないと・・・」とお引取り頂いた。

たしかにだめなのである。うちの雨樋。
軒樋のでんでん(取り付け資材)が外れて落下したりしてたのを、家人が無理やりつけなおしたものの、すきまから水がじゃじゃもれで、いっきにウッドデッキ床にそそがれる。ウッドデッキの寿命をも縮めている。
おまけに、玄関の庇にはついておらず、雨の日などは最悪。
さらに、北側にもいっさいついていないのだ。

後日、家人がいるときにまたおいでになったので、見積もりをお願いすることにした。
概算をきくと、既存樋解体処分費と人工コミで妥当なお値段だったので、お願いしてみた。

そして本日、午前中3時間ほどで作業終了。
雨樋一つでこんなに変わるのか!と思うくらいきれいになった。
ちゃんと必要な箇所すべてにとりつけてもらったし。
どうやら、以前ついていた雨樋のでんでんは、ちゃんと垂木のある部分に打ち付けていなかったらしい。下地のない状態だったということか。それじゃあ落下もするよね。

雨の日がまちどおしい。




日々是好日 | コメント:2 | トラックバック:0 |

をの便り

をさんからの便りです。順調そうですね。



090513_1004~02
花が咲きました。同時にトマトらしい香りがするようになりました。育ったので、新しい支柱〔150cmもある!〕に交換です。

をの菜園 | コメント:2 | トラックバック:0 |

キジと目が合う

キジ1
お隣の休耕畑に、キジです。
続きを読む
日々是好日 | コメント:2 | トラックバック:0 |

ブログの移転

使い勝手のよさそうなこちらのブログに引越ししました。
今までとかわらず、日々をつづります。
これまでの記事も徐々に移動させていきます。
日々是好日 | コメント:0 | トラックバック:0 |

をからの便り

をさんからの便りです。



をのプランター2

うちのミニトマトは背丈が購入時の1.25倍くらいになりました。
ネギは太くなり、大葉は新しい茎が脇から伸びて来そうです。
今のところ良好な印象。
まだ、収穫には至らぬようです。

また、先日は同僚の実家で農業体験をさせていただきました(田植え)。
雨でしたが、軽トラの荷台に乗って移動したことはとても新鮮でトラクターの運転以上に心に残りました。

田ぼ仕事が楽しいだの、大変だの、感想を言うことが適切なのかよくわかりませんが、お米ができるまでのプロセスを知ることは消費者には必要なこと消費者であっても損にはならないことだと思いました。
を (2009-05-07 18:17:57)




をの菜園 | コメント:6 | トラックバック:0 |

じゃがいもにツボミがつく

種芋から育てたジャガイモに、つぼみがついにつきました。ジャガイモの株はすくすくと成長しており、収穫が楽しみ・・・と思っていたら家人曰く「葉ばかり立派で肝心のイモは不作な場合もある。」そういうものですかね。
ともかく、イモを信じて待ってあげたい。


日々是好日 | コメント:0 |

ウッドデッキメンテナンス

おもいっきり踏み抜いたウッドデッキを補修。

 我が家にあるウッドデッキは、前オーナーさんのおそらく手作りによるものと思われ、手入れもせずに7年余り経過している。腐れているところも目立ち、なんとか手を打たなければと思った矢先の踏み抜き事件。下手をすると骨折にも繋がりかねない、危険なものだ。
 まず傷んでいる部分をチェックし、使用部材のサイズと本数を確認。ウエスタンレッドシダーだ。軽トラで近所のホームセンターにのりつけ、購入。場所が狭いから良く見ることが出来なかったのが原因だが、ものすごくねじれているものばかり買ってしまった。よく見なくては・・・。それからペンキも買う。
 うちに戻って、材木を塗装。ペンキの注意書きに基づき、きちんと2度塗り。2度塗りってなんとなく手間がかかり、めんどくさそうだが、とても塗り心地がいい上にしっかりと仕上がる感じがした。
 傷んだ部分の古い材を外し、新しい材を取り付ける。ここであばれた材料(ねじまがったりして使いにくい木材をこう呼ぶ。)の取り付けに苦難することになる。どんな材料も使いこなす大工さんはつくづくすごいね。
 表面は傷んだように見えても、裏はきれいなのもあった。本来ならば木表を上にするものだが、小口を見るとバラバラに取り付けて作られている。なので遠慮なくひっくり返して使うことにした。

 取り付けた後、全体をまた塗りなおし、作業完了。5時間ぐらいの大仕事。仕上がりも客観的に見れば難ありだが、DIYはやはり仕上げるまでの過程が重要。満足。




日々是好日 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。