こけむしのいおり

日の出と共に起き、晴耕雨読のつつましいくらし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

野外作業用腰掛け

簡易本棚に引き続いて2作目。
草刈とか畑の手入れをしていると、膝に負担が掛かり、何かに座りたくなる。そのまま地面にというわけにもいかないし。。。
そこで、ストックしてある端材をつなぎあわせて、腰掛を作った。風呂用腰掛の亜流。ノウテンビスのなんとも簡単なつくりだけどね。しかも床に置くとすこしガタガタもする。でも野外用だからいいのだ!地面はもともと不陸だし~♪
自分のこのあたり、職人肌ではないとしみじみ思う。いいかげんひとすじ。

ふと庭をみやると、いつも単独行動のつぐみさんが2羽もいる!!
いつもの子は羽色からしてメスのようだったので、ダンナさんを連れてきたのかな。草むしりついでに土を掘り起こしたりしたから、たんと食べていっておくんなせえ。


木工もどき | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<プチトマトと大葉と葉ネギと | ホーム | 虫がなきはじめる>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。