こけむしのいおり

日の出と共に起き、晴耕雨読のつつましいくらし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ウッドデッキメンテナンス

おもいっきり踏み抜いたウッドデッキを補修。

 我が家にあるウッドデッキは、前オーナーさんのおそらく手作りによるものと思われ、手入れもせずに7年余り経過している。腐れているところも目立ち、なんとか手を打たなければと思った矢先の踏み抜き事件。下手をすると骨折にも繋がりかねない、危険なものだ。
 まず傷んでいる部分をチェックし、使用部材のサイズと本数を確認。ウエスタンレッドシダーだ。軽トラで近所のホームセンターにのりつけ、購入。場所が狭いから良く見ることが出来なかったのが原因だが、ものすごくねじれているものばかり買ってしまった。よく見なくては・・・。それからペンキも買う。
 うちに戻って、材木を塗装。ペンキの注意書きに基づき、きちんと2度塗り。2度塗りってなんとなく手間がかかり、めんどくさそうだが、とても塗り心地がいい上にしっかりと仕上がる感じがした。
 傷んだ部分の古い材を外し、新しい材を取り付ける。ここであばれた材料(ねじまがったりして使いにくい木材をこう呼ぶ。)の取り付けに苦難することになる。どんな材料も使いこなす大工さんはつくづくすごいね。
 表面は傷んだように見えても、裏はきれいなのもあった。本来ならば木表を上にするものだが、小口を見るとバラバラに取り付けて作られている。なので遠慮なくひっくり返して使うことにした。

 取り付けた後、全体をまた塗りなおし、作業完了。5時間ぐらいの大仕事。仕上がりも客観的に見れば難ありだが、DIYはやはり仕上げるまでの過程が重要。満足。




日々是好日 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<じゃがいもにツボミがつく | ホーム | たけのこを頂きました>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。