こけむしのいおり

日の出と共に起き、晴耕雨読のつつましいくらし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

そろそろツルモノ

3週間あまり食卓を賑わせてくれたレタスさんは終わりました。感謝。

畑では今、かぼちゃのつるがどんどん広がってきています。
他の野菜たちを包み込む勢いです。

きゅうりもぼちぼち採れてきていて、ゴーヤも花はまだですがぐんぐん成長中。

ナスもすこしずつ大きくなってきています。

テントウムシダマシがたくさんいて、葉や実の表皮を食い荒らしていくので、駆除してくれという家人からのミッションをうけ、ペットボトルに液体ハンドソープと水を入れ、片端からその虫をペットボトルに落としこんでいきました。大量にとれて(ちょっと気持ち悪いけど)うれしい。

そうそう、じゃがいもももう収穫です。
冬にいただいた芽の出たあやしくしなびたジャガイモを植えてみたら、なんとキタアカリだとわかったというものです。

狭いながらも去年よりバラエティに富んだ畑になってますが、収穫後のお料理も工夫しなければ。
農ことはじめ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<わんわん大行進 | ホーム | カッチンカッチン・・・夜の居間に響く不気味な物音>>

コメント

こけむし農園、大盛況v-221
新鮮な野菜をいただくってのは
やっぱり健康的でイイですね。

じゃがいも、俺も大好きです。

子ども会のいも掘りなんぞも
とても楽しい思い出です。

ワタクシ、破壊derとしては
芋畑を掘り尽くすのはこの上ない
喜びでした。

ん?あれはサツマイモだけで
じゃがいもは掘らなかったっけ?
2010-07-08 Thu 09:20 | URL | beeatle [ 編集 ]
beeatleさま
私の学年はさつまいもは子ども会で、じゃがいもは理科の授業で掘った記憶があります。
さつまいも掘りのときは、いつも親が古いしゃもじをスコップの代わりに持たせるので他の子どもたちに好奇の目で見られて恥ずかしかった思い出があります。
じゃがいものほうは、きちんと大きく育っていたにもかかわらず、無知な教師がでかい作業用スコップで力任せに掘ったがために、多くのじゃがいもがぱっくりと二つに割れてしまっていた光景を覚えてます。もったいないのう。
2010-07-10 Sat 08:47 | URL | こけ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。