こけむしのいおり

日の出と共に起き、晴耕雨読のつつましいくらし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

お料理教室と芋堀会

ご近所の方にお誘いをうけて参加したお料理教室。

月に一度、近所の公民館の調理室で行っているそうです。
通常は米一合と300円の参加費のところ、今回は県の食生活推進事業とやらで無料。
20人ほどが集まり、新規は私一人。
ご近所さんが個々に紹介してくださり、誠にありがたいことです。

さて、メニューは米粉を使ったパンとクリームシチュー。
米粉パン専用にブレンドした粉を使ってコネコネ・・・。(ほぼ見学・・・)
いくつかにわけて発酵・・・。形を整えてまた発酵・・・。(これも見学)
みなさんお団子やおそばを手作りするのでとっても手つきが上手。

とりわけ異彩を放っていた奥様は、無駄のない動き、手際のよさなどで只者でなさそうだなと思ったら長年お勤めされた調理師さんだとか。プロですね。

シチューのほうは、気がついたら出来上がってました^^;

その後楽しく試食を済ませ、その只者ではない奥様のご好意により提供されるサツマイモ畑へ連れて行っていただきました。メンバー毎年恒例の芋堀会だそうで、これにも図々しく参加させてもらいました。

岡の上の畑は手入れされた森にかこまれ、風の抜ける眺めの良い場所もあったりしてとてもいいロケーションでした。掘りあがった芋を分けると一人当たり10キロ用紙製米袋の口が結べないくらいの量!!(こちら参加お気持ち代500円なり)

うちの庭で取れたサツマイモ(しかもわけてもらった苗^^;)は思いのほか収穫できたので喜んでたのですが、頂いたお芋に比べたらすべてが小さいこと。やっぱり手間隙かけたプロのとは違うですよ。

それでも今年は水不足で芋が下へ下へと延びていってしまい、大きく育ったものが少ないとのお話でした。

その後、眼下に広がる豊かな森と畑を眺めながら畑主の奥様お手製のスイーツを頂きました。
紫芋のプディングに栗の甘煮がのせてありました。ラム酒が効いていて甘みもほどよくて疲れも吹き飛びます。

贅沢な午後のひとときに感謝です。

ご近所 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<おせち | ホーム | オクラ天国>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。