こけむしのいおり

日の出と共に起き、晴耕雨読のつつましいくらし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

震災から1週間たちまして

山あいの農村はいつもにましてひっそりとしています。

このあたり地震の被害は、瓦や塀の崩れが多いようです。
うちも瓦がおちたり、室内の珪藻土塗り壁がヒビ割れてパラパラ落ちたりして
ずいぶん被害にあったななんて思ってたのですが、
テレビの繰り返し流れる映像を見ていると、実に軽症であることがわかりました。

多少の水の出たり出なかったりの不便さとかガソリン不足ぐらいに文句は言いますまい。

我ながら驚いているのは食器棚が無事だったこと。3センチずりずりと前進してましたが。
縦ゆれがメインだったからなのかな?

地震対策としては特に何もしてなかったのですが、
父の教えにより、食器棚の底と床のすきま前方に新聞紙をつめていたこと、
扉はガラス製なので飛散防止フィルムをはっていたこと、
また観音開き扉ではなく引き扉だったことなどが良かったのかもしれません。

瓦のほうは職人さんを紹介してもらって10分足らずで補修してもらえました。
幸い落ちた瓦が無傷だったのではめなおすだけでよかったのです。

しかし、うちの屋根はカネ勾配といわれるきつい勾配なので、職人さんも
「ちょっとロッククライミングすっかんな」
と気合をいれ、瓦を少し外して金具をひっかけ、それを足がかりにまた上にもひっかけという作業をくりかえして足場を確保していました。これは絶対に素人は登れません。

もう一箇所は、入り隅になっている部分で、瓦が落ちきらずにそのまま宙ぶらりんになっていて危ない感じでした。
ここも同様に登っていってはめなおすと
職人さん「こっちのは今回の(地震)でずれたんじゃないね。ほこりのぐあいから1年から2年以上たってるよ」

・・・。実は以前から雨漏りが疑われていたのですよその部分は。

職人さん「とりあえずはめなおしておくけど、縦ゆれがきたらまたおちるかもしれないよ」

そして作業を終え、注意深く降りていく途中で
職人さん「ん?ここなんで浮いてるんだろ」
と別の部分の瓦をもちあげると、下から大量のわらくずのようなものをひっぱりだしました。

・・・。くさってるんでしょうか?

職人さん「いや、すずめのお宿だね。」

そういえば朝いつも、異様に近いとこからチュンチュン声が聞こえていたような。

そしてなんだか気味の悪いものをつまみだすと

職人さん「へびのぬけがらだねえ」

・・・。

職人さん「すずめがいれば、へびもねずみもいるよ~」

環境共生型住宅だったということが判明しました。

そして職人さんは残りいくつも物件を抱えているため、足早にお帰りになりました。

ほんとうに大感謝!!です。

おそらく応急処置でブルーシートを使うかと思って待機してたんですが、使わずに済みました。

このブルーシートは去年台風が来る前に2枚だけ買って置いたものです。


今後に備えるとしては水タンク20リットルを二つぐらい買う必要があります。

閑話休題、2週間くらい前に最寄の海辺にイルカが大量に流れ着いたというニュースがありました。
ひょっとしたら今回の震災の前触れだったのかもしれませんね。

そして深刻な被災地の復旧と、原発の最前線で闘っておられる方々の活躍を、祈りつつ・・・。
具体的に何もできなくてごめんなさい。
こちらでできることがわかれば、精一杯やります。
日々是好日 | コメント:4 | トラックバック:0 |

構想1年のバッグ 完成

手芸店のはぎれを見て、「この生地でぎょうざの形のバッグを作りたい」と思い立ったのは1年前のこと。

ネットの無料型紙ダウンロードたちを探し回り、理想に近いかたち、かつ作りやすいものを選んだらこれになった。

型紙をダウンロードして放置、生地を裁断して放置、裏地に接着芯を貼って放置しているまに1年が過ぎた。

雪に降り込められた1日で仕上げて出来上がり~♪


グラニーバッグ

続きを読む
ちゃらんぽ手仕事 | コメント:4 | トラックバック:0 |

今年の初 手仕事

昨秋よりずっと干しておいた「ほうき草」。

横目で見ながらずっと作る気が降りてくるのをまっていたのだが、本日ついに降臨!

Bepalバックナンバーの「すすきで作るほうき」のページを見ながら作業すること1時間半。

できあがり!

ほうき

続きを読む
ちゃらんぽ手仕事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

おせち

おせち料理。
といっても煮物とかは作りません。

しかし、毎年これだけは作りたいと思っている栗きんとん。
去年もつくり、今年で2度目。

栗の甘露煮を作るのは難儀なので、これは生協で調達しました。
とても高価!まあ、国産だし、手間を考えたら仕方がありません。

サツマイモは例の芋ほりの時のストックを利用。

砂糖水でゆでて、うらごしして・・・。
このうらごし、なにこれちんひゃっけいを見ながら1時間もかかって完了。

あとは蜜でからめて、栗を投入してできあがり。


くろまめは、作る予定がなかったのですが、材料をいただいてしまったのでやむなく作りました。

最初に黒豆を重曹水にまる1日ひたして、ふやかして・・・。
翌日見ると、水が黒くなっている!

鉄のサビ釘をいれて・・・と。
工具箱を覗くと、純然たる鉄の釘は見当たりません。
亜鉛メッキ、クロームメッキ、いかにも体に悪そうです。

そこで、昔いただいた、盛岡の南部鉄器のネコ形箸置きを思い出しました。
これは、このくろまめ作りのためにあったのか!
長時間ゆでられて熱くなってかわいそうだけど、力を貸していただきました。

その黒くなった水のままゆではじめると、だんだん豆の色が白くなってきて少々あせりました。
これではしろまめになるぞ。

参考にしたお料理の本には砂糖を3回に分けていれるべし、とあります。
砂糖も色になにか関係があるのでしょうかね。

シャトルシェフを使用した後、ストーブの上で煮込んだりしたら、だんだんと豆に色が黒く戻ってきて一安心。

非常に時間はかかるものの手間はあんまりかからないですね。これは。


皆様よいお年をお迎えください。

2010おせち





伝統食ことはじめ | コメント:0 | トラックバック:0 |

お料理教室と芋堀会

ご近所の方にお誘いをうけて参加したお料理教室。

月に一度、近所の公民館の調理室で行っているそうです。
通常は米一合と300円の参加費のところ、今回は県の食生活推進事業とやらで無料。
20人ほどが集まり、新規は私一人。
ご近所さんが個々に紹介してくださり、誠にありがたいことです。

さて、メニューは米粉を使ったパンとクリームシチュー。
米粉パン専用にブレンドした粉を使ってコネコネ・・・。(ほぼ見学・・・)
いくつかにわけて発酵・・・。形を整えてまた発酵・・・。(これも見学)
みなさんお団子やおそばを手作りするのでとっても手つきが上手。

とりわけ異彩を放っていた奥様は、無駄のない動き、手際のよさなどで只者でなさそうだなと思ったら長年お勤めされた調理師さんだとか。プロですね。

シチューのほうは、気がついたら出来上がってました^^;

その後楽しく試食を済ませ、その只者ではない奥様のご好意により提供されるサツマイモ畑へ連れて行っていただきました。メンバー毎年恒例の芋堀会だそうで、これにも図々しく参加させてもらいました。

岡の上の畑は手入れされた森にかこまれ、風の抜ける眺めの良い場所もあったりしてとてもいいロケーションでした。掘りあがった芋を分けると一人当たり10キロ用紙製米袋の口が結べないくらいの量!!(こちら参加お気持ち代500円なり)

うちの庭で取れたサツマイモ(しかもわけてもらった苗^^;)は思いのほか収穫できたので喜んでたのですが、頂いたお芋に比べたらすべてが小さいこと。やっぱり手間隙かけたプロのとは違うですよ。

それでも今年は水不足で芋が下へ下へと延びていってしまい、大きく育ったものが少ないとのお話でした。

その後、眼下に広がる豊かな森と畑を眺めながら畑主の奥様お手製のスイーツを頂きました。
紫芋のプディングに栗の甘煮がのせてありました。ラム酒が効いていて甘みもほどよくて疲れも吹き飛びます。

贅沢な午後のひとときに感謝です。

ご近所 | コメント:0 | トラックバック:0 |

オクラ天国

毎日毎日オクラが採れます。
2日間放っておくと、もう大変。すぐに巨大化してしまいます。
最初のうち素手で収穫していたら手が大変なことになりました。危険な野菜です。

まあでもこの猛暑を夏バテもせずに乗り切っているのはこのオクラたちのおかげでしょうか。

きゅうりは今年はぜんぜんだめでしたが、ゴーヤは比較的大きいのができました。

そして・・・↓

3キロ君と2.5キロ君
左から2.5キロくんと3キロくん

大きなかぼちゃが実りました!!
これで合計4個。
ちなみに苗は2株。

あと空中かぼちゃともう一つ、二つくらい収穫できそうです。
むっふっふ~。
農ことはじめ | コメント:2 | トラックバック:0 |

わんわん大行進

最近また白黒わんこを実家から預かっているのだが、気になるのが周辺をうろつく半野犬たち。

そして昨日、キッチンから見える細道に3匹ほど放浪しているのをみた。

すると、近くの畑からもう1匹、道に飛び降りてきた。

またもう1匹。

またまたもう1匹。

さらにもう1匹!合計7匹である。

さて白黒はと見ると、なぜか無言のまま、これといって反応もない。


もう1度細道に目をやると、むこうからおじさんが歩いてきた。
あぶない!
取り囲まれてガウガウ大騒ぎになるのではと予想し、固唾をのんで見守る。

おじさんが近づいてくる。犬に気づいているのか?

すると案に反して犬たちは人の気配に気づくとダダっっと逆方向へ逃げ出した。
7匹でいっせいに走るからなかなか壮観である。(なんて感心してる場合ではないのだが。)
2匹ほど足がおかしいようでびっこをひいている。
車にでもはねられたんだろうか。。。

じつはこの犬たち、近隣のおうちで飼われているようなのである。放し飼いで。
わかっているから誰も通報したりしないんだろう。
人をみて襲ってくるようなタイプではないし。(むしろビビって逃げてるし。)
1匹ずつ顔を良く見るとかわいかったりもするが、目は鋭く、人に媚びる様子はない。
動きも敏捷で野生動物を思わせる。
今年子犬も生まれたようで、以前より増えた気もする。
ときどきこのように大勢で大移動するが、普段はそのおうちの庭にいる。
道路・隣地境界に柵も塀もないから出入り自由。

この地区だから大丈夫なようなものだ。
山を越えたら速攻、保健所行き間違いなし。

日々是好日 | コメント:0 | トラックバック:0 |

そろそろツルモノ

3週間あまり食卓を賑わせてくれたレタスさんは終わりました。感謝。

畑では今、かぼちゃのつるがどんどん広がってきています。
他の野菜たちを包み込む勢いです。

きゅうりもぼちぼち採れてきていて、ゴーヤも花はまだですがぐんぐん成長中。

ナスもすこしずつ大きくなってきています。

テントウムシダマシがたくさんいて、葉や実の表皮を食い荒らしていくので、駆除してくれという家人からのミッションをうけ、ペットボトルに液体ハンドソープと水を入れ、片端からその虫をペットボトルに落としこんでいきました。大量にとれて(ちょっと気持ち悪いけど)うれしい。

そうそう、じゃがいもももう収穫です。
冬にいただいた芽の出たあやしくしなびたジャガイモを植えてみたら、なんとキタアカリだとわかったというものです。

狭いながらも去年よりバラエティに富んだ畑になってますが、収穫後のお料理も工夫しなければ。
農ことはじめ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。